MacOS Xは,Appleによれば,世界で最も広く使われているUNIX系OSだそうです。
 だとすれば,たとえばバックアップなど,一時間ごと,一日ごとに行いたい場合,まずはcronを考えて,crontabを書きます。
 ところが,MacOS Xはcronを使っておらず,独自のデーモンを導入しているとのことです。
 それがlaunchdです。
 なお,cronが使えないというわけではなく,crontabを作成すれば,ちゃんとcronが動くそうです。 

 ユーザーディレクトリ下にXMLの設定ファイルを作成すれば,それを読み込んで動作してくれるそうなのですが,タグ名を調べなければならないなど,そう簡単に書けるものでもないようです。
 そんなときは,設定ファイルを作ってくれる便利なフロントエンドを探します。

 探してみたところ,Lingonというソフトウェアを使えば,簡単に設定ファイルを作成することができるとのこと。(当職はまだ試せていません)
 時間はもちろん,特定のファイルが書き換えられたときなど,かなり柔軟にトリガーを記述できるようなので,うまく使えば便利でしょう。

 この記事を作成するのに,以下のページを参照しました。
 さらに詳しいことが書かれているので,興味がある方は読んでみると役立つと思います。