個人の身分関係を公的に示す書類として,戸籍謄本があります。これは,家庭裁判所に各種申請をするとき,添付書類として必ず要求されます。

 ひとつの申請をするだけならばよいのですが,関連した申請をいくつも行おうとすると,必要な戸籍謄本はどんどん増えていきます。
 たとえば,家族が次々と亡くなってしまい,それぞれについて相続放棄をするような場合です。場合によって必要とされる戸籍謄本は異なりますが,中には共通のものもあります。
 本来,別事件なので,共通している戸籍謄本でも,必要な通数を提出しなければなりません。しかし,場合によっては1通でも事足りるかもしれません。裁判所の書記官に相談してみると,同じ裁判所内に継続している事件であれば,別事件の戸籍謄本を参照して,追加で提出しなくてもよいと言ってくれる場合があります。
 まずは,書記官に相談してみるとよいでしょう。

 別の手続で使用するなど,戸籍謄本を還付してほしい場合もあります。
 そのような場合は,提出する戸籍謄本のコピーを取っておき,還付申請書と返信用封筒を添えて提出すると,還付してくれるそうです。裁判所によって運用が異なるかもしれないので,詳しくは書記官に問い合わせてみてください。
 後から戸籍謄本が必要になり,還付を請求するような場合は,なかなか難しいようです。予めコピーをしていればよいのですが,していない場合は,戸籍謄本を取り直した方が早いかもしれません。