かなり古い「相棒」で,杉下右京さんが警備員に扮して,捜査対象の会社に潜入して書類を探すという場面がありました。そして,右京さんを不審に思っていた別の警備員が捕まえて警察に引き渡しました。翌日,亀山さんが迎えに来て,身分を証明すると釈放されています。

 このような取扱いが現実に行われる可能性はあるのでしょうか。
 右京さんの行為は,立ち入りが禁じられている部分に潜入して書類を捜索したものですから,建造物侵入罪にあたります(捜索が目的だったため窃盗未遂にはならないと思われます)。
 刑法上,右京さんの行為の違法性を阻却することができるのは,正当行為(刑法35条)くらいしか思い当たりません。しかし,捜査のためであっても,何をしても良いというわけではありません。基本的に,任意捜査(刑事訴訟法198条)の限界内であれば正当行為になると考えてよいでしょう。上記の潜入行為は,どう考えても任意捜査として許容されるものではありませんから,正当行為としては認められません。
 とすると,右京さんの行為は刑事上罰すべき行為であり,警察は釈放する理由など何もないということになります。

 現実にこのようなことが行われたとしたら,どうなるのでしょうか。
 警察としては,裁判などで違法捜査が行われたことを明らかにされると困るので,釈放してしまうことになるのでしょうか。このような事件が回ってきたら,検察官もどうすればいいか困ってしまうでしょうね。

 ちなみに,右京さんが釈放された理由については,ドラマを最後まで見れば分かるようになっています。
「このドラマはフィクションです。」