色々と迷走した末,Ruby on Railsを使ったウェブアプリの開発を行おうとしています。
 これまた事情があって,ウェブサーバー上で開発することができないため,sshでウェブサーバーにリモートログインし,そこで開発を行うことになりました。
 SFTP Net Driveを使ってプロジェクトのディレクトリをSFTP経由でWindowsのドライブとしてマウントし,Atomで編集することも試みてみたのですが,SFTPの部分がボトルネックとなり,軽快な開発を行うことができませんでした。
 リモートログインで開発を行うには,高機能なテキストエディタが必要です。
 今回は,テキストエディタにvimを使用します。

ソフトウェアのインストール

 macOSを使う場合,標準でvimがインストールされているようなので,特にインストール作業は必要ありません。

 Rubyも標準でインストールされていますが,バージョンが古いので,Homebrewを使ってインストールした方が良いでしょう(Homebrewのインストール方法は過去の記事を参照)。

 次はvimのパッケージ管理プラグインをインストールします。
 以前はNeoBundleというプラグインが使われていたようですが,現在は開発を停止しているということで,後継のdeinをインストールすることにします。

 インストール先は,vimを使っている限り,~/.vim/plugin以外であれば自由に設定できるようです。
 スクリプト実行後,表示されるコードを.vimrcに追加します。
 そしてvim上で

と入力すれば,ダウンロードとインストールが始まります。