平成27年1月1日以後の相続・遺贈では,相続税の基礎控除額が引き下げられます。

 これまでは「5000万円+1000万円×法定相続人の数」だったものが,「3000万円+600万円×法定相続人の数」となります。
 両親と子ども二人の家庭で,父親が亡くなった場合のことを考えてみると,これまで認められていた基礎控除は8000万円でしたが,平成27年からは4800万円しか認められないことになります。
 そのため,たとえば5000万円の土地建物が相続財産となる場合,これまでは相続税が課されなかったところ,平成27年からは相続税が課されることになります。

 相続税は,基本的に,自分で計算して申告しなければならない税です。
 基礎控除が引き下げられたことで,税の制度について知っておかなければならない人が増えると予想されますので,自分の勉強も兼ねて,情報を発信していくことができればと思っています。

 国税庁のホームページに詳しい資料があります。
 なお,国税庁のページのアドレスは変わってしまうかもしれないので(行き当たりばったり的に付けているとしか思えないアドレスです…),数年後にはリンクが切れているかもしれません。