登記申請書には,相続原因を証明する書類を添付します。

 具体的には,相続人と被相続人の戸籍謄本です。被相続人の戸籍謄本は,その人が生まれてから死亡するまでの全てが記載されているものを用意しなければなりません。つまり,死亡が載っている戸籍謄本だけでは足りないということです。相続人の範囲を確認するためのものなので,しっかりと集めましょう。

 また,どのような相続関係になっているのかを図示した,相続関係説明図も添付するのが一般的です。相続関係説明図を添付した場合,戸籍謄本の返還を受けることができます。逆に言えば,相続関係説明図を添付しなければ,戸籍謄本の返還を受けることはできません。

 さらに,通常は,遺産分割協議書が必要になります。
 とくに遺産分割をせず,法定相続分のまま登記をする場合(普通ないとは思いますが)は,遺産分割協議書を添付する必要はありません。相続人全員による共同申請で,各自が法定相続分に従った持分を登記することになります。遺産分割協議がまったく進まず,とりあえず登記しておかないと権利関係が分からなくなる,というような場合に選択するのではないかと思います。
 遺産分割をする場合は,遺産分割の結果に従った登記をすることになります。このとき,客観的な資料がなければ登記官が審査できないので,遺産分割協議書が必要になります。遺産分割協議書のサンプルは,探せばすぐに見つかるでしょう。
 また,遺産分割協議書と共に,各相続人の印鑑登録証明書も必要になります。たしかに本人が押印した,ということを明らかにするためです。遺産分割の協議には長期間かかることもあるので,取得期間に制限は設けられていないようです。あまりに古いものは,後から補正の指示があるかもしれませんが。

 ここまで,普通のケースについて紹介してきました。
 次回は,特殊なケースの場合について触れていこうと思います。